ソーシャルと呼ばれるオンラインゲームの時代

IT・インターネット・ゲーム業界に転職できるチャンス

MENU

IT・WEBの転職はゲーセンと違う?

転職

ソーシャルと呼ばれるオンラインゲームの時代

ほんの10年前まで、オンラインゲームと言えばPCゲームの事であり、家庭用の据え置き機でようやくコンシュマーゲームのオンラインゲームが出始めたという感じでした。

 

それが、ほんのここ数年で、手軽に遊べる携帯機でのオンラインゲームが急激に人気が出始め、オンラインゲームの市場の多くを占めてしまいました。

 

現在、手軽で誰でも簡単に遊べる無料で始める事の出来るソーシャルゲームと呼ばれるオンラインゲームが圧倒的に沢山のユーザーを集めています。

 

その媒体と言えばスマホであり、多くの人が当たり前のようにスマホを利用しているからこその快挙であるでしょう。

 

このソーシャルゲームが成功した要素はいくつかありますが、「無料」という言葉の持つ力は大きいと思います。

 

そもそも無料オンラインゲームはPCのオンラインゲームから始まったように思います。

 

いわゆるMMOと呼ばれる箱庭タイプの自由度の高いオンラインゲームは、元々その多くは月課金制でした。

 

しかし、基本ゲームデータ自体を無料で提供し、課金アイテムと呼ばれるゲーム内データを個別に売る形態が成功を収めた事から初回無料ゲームが爆発的に増える事となりました。

 

この双方の形態の大きな違いは、みんなが平等にお金を払うか、払いたい人だけが沢山払うか、という部分です。

 

これは個々の価値観の違いという物を上手く利用した商売と言えるでしょう。

 

ゲームというのは他人より強くなったり、珍しいアイテムを持っていたり、そういう部分に価値を見出す人と、オンラインゲーム内でコミュニケーションを取る事を主目的とする人がいて、それまではこの両者はなかなか相容れる事が出来ませんでした。

 

しかし、基本無料のゲームはこの両方のユーザーを上手く取り込み、成功したのです。

 

この部分はソーシャルゲームにも受け継がれ、それに加えて手軽さが、時間があまり取れない現代人と上手くマッチしたのだと思うのです。

 

IT転職

関連ページ

無料オンラインゲーム『アラド戦記』
無料オンラインゲーム『アラド戦記』?
オンラインゲーム・ドラゴンクエストXの紹介です
オンラインゲーム・ドラゴンクエストXの紹介です
ゲーマーはお金がいる
ゲーマーはお金がいる